古材をつかって

先々代、山口さんにとってはおじいさんが建てた以前の家、覚えてますか。
実は解体したとき、その古材を山口さんが少しとっておかれました。
戦後間もなく建てた家だそうで、山口家3代にわたっての生活が刻まれた家と聞いております。おそらく伊勢の大工さんの仕事でしょう、確かな腕を伺わせる建物でした。
周囲に親戚縁者が多い山口さんによると、
  「この家の○○の材料は○○から持ってきた」、とか
  「この柱は私が伐ったものだ」
という具合に、今まで知らない話が随分とこの機会に聞けたそうです。
昔も今も、”家を建てるということはそれだけ熱意を傾けることなんだ”
そんなことを物語っていますよね。

画像


「あまり良いものはありませんでした」と、山口さん。
特に取り置かれたのが、欅(けやき)を中心とする材料でした。
親類の納屋で預かってもらっているとのこと。先日山口さんに連れられて、中西専務とご一緒しました。きれいに保管された状態を見ると、山口さんの性格が偲ばれます。
早速使えるもの捜しです。

まずは縁側に張ってあった欅の板。
厚さ5分(15㎜)程のものが数枚。
短いのが難点ですが山口さんからの提案で、和室床脇の仏壇内で使うことにしました。
床脇の真中に仏壇を置き、それを挟む形でご遺影を飾ってお祀りしたい。
その棚板に使おうとのことです。むろん大賛成!

次に見たのが厚さ1.3寸(40㎜)程の欅板。
大きさ700㎜角程のものが2枚あります。
どこかに生かせないかと考え・・・・・・・・・!!!

奥さまこだわりのトイレの洗面カウンターにぴったり!
1F・2Fともにこれを使うことにしました。良いカウンターになることでしょう。

もうひとつ。
納屋の後ろに横たえて置かれた、かつての玄関式台の框。
これも5寸(150㎜)×3.5寸(105㎜)程の欅材です。
ただ式台だっただけに、周囲にさまざまな仕事がしてありホゾ穴などが・・・・。
その点若干の躊躇はありましたが、ひと目で和室の床框に使おうと思いました。
実は床框の材料に迷っていましたので・・・・。
山口さんも大いに納得のご様子です。早速中西専務に加工をお願いしました。

画像


古材は解体などの折り、釘などが材芯で折れたまま残っていることがあります。それをうっかり知らずに機械にかけたりしますと、アッという間に刃ものが駄目になってしまうのです。
とても慎重に見極めなくてはなりません。
どうしてもそれだけ手間が掛かってしまいますね。

帰りの車の中、
「こんなに生かせるなんて思わなかった」と、ご満悦の山口さん。
古いものを生かすことができる喜びは私たちも一緒です。

きっと、先代・先々代も喜んでいらっしゃるに違いありません。
「子供たちにもこの家の歴史を伝えるんだ」と、張り切っていました。
歴史だけは、そう簡単に手に入るものではありませんから。

 (かりの)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年06月18日 18:40
スクラップ&ビルドの昨今、解体する家から古材を再利用するのは喜ばしいことですよね。古材といっても挽直すと新品でまして狂いも少なく何といっても落ち着いた表情で、木造建築の長所の一つであると思います。実は当方の件の建物の欅の床も一部、築100年程の家を解体した時に取っておいた床柱を挽いて使ったのですが、新材との違いは一目瞭然なんとも落ち着いた表情でその違いに驚かされたものです。無垢材で思うのですが、無垢ですから割れ・反り・捩れなど動くのが当たり前なのですが、それを安い材料を使ったから、はては手抜き工事などと言う方がいらっしゃいます。新建材なら狂いも確かに少ないのですが、この一時からみても世の中新建材がスタンダードなのだなと寂しく感じました。現在は確かに無垢材って高いものですが、本来が無垢でグレードダウンで新建材という意識でいたのですが・・・勿論新建材でも良いものがありますが。以前に前田さんのコメントで木質建築と木造建築について書かれてらっしゃいましたが、まさにその通りと。かく言う拙宅も新建材で出来た小さな家なので恥ずかしいのですが・・・。無事故での完成心より祈念いたします。
前田
2007年06月19日 02:34
誠にその通りですね。
新建材が主流で、無垢材が贅沢品、今の次代はそんな構図です。本来当たり前な”木”というものが忘れられているようです。建築自体がプラモデルの延長線上にあるかの如き状態ですが、ひとつづつ積み重ねて作り上げる建築も忘れてはならないものと思います。
例の物件での床板、本当に良い材料でしたね。
あのような形で木は生かすことが出来るんです。命が息づいているんですね。
安価で節が沢山ある木でも良い、それをうまく生かして生活に取り込むことが出来れば、本当に気持ちの良い家が出来ると思うのです。そんなことには果敢に挑戦していきたいと、強く思っています。

この記事へのトラックバック