主張しない仕事

続きを。
「何で一番大事なところから積むんだ」、監督の岡本さんに詰め寄った。
石組みの当日、いきなり石を運び出したので思わず叫んだ。
中庭に入って最初に目がつく井戸周り、ぶっつけ本番でいきなり大事なところはないだろう。もちろん岡本さんのせいではない。私の中の苛立ちが言葉に出た。
もう失敗は出来ない、不安が交錯する。
きっと現場全員が思ったことだったと思う。

石組みが始まる。
水平と竪勾配にあたりを付け、水糸を張る。
下段の石を置きはじめる。石が小さい、隙間がありすぎる・・・。
やはり、というか期待に反してうまくいかない。思うものとは程遠い。
もう待てない、直に石工に問う。
石組みは石の選別や組み方など、職人の感覚に負うところがあまりに大きい。

画像


木組みならともかく石を組むことなど、どう伝えて良いか分からない。
やったことがない、もどかしさが募る。
私は主張しない石組みを求めた。
それも石と石の合端(あいば)を合わせて、隙間なく組んでいく形を。目地などで誤魔化してはいけない。下には大きな石を、上に行くに従って小さな石を組んでいって欲しい。
知らない人間が偉そうなことをいった。

私の中では、ここで妥協したら折角の建築が持たない、という脅迫感があった。
出来るかどうかではなく、やらなければならない。そんな気持ちだけで石工にぶつかった。最初こそ意見が噛み合わなかったが、しだいに職人の手が馴染んでいくようだった。
見ていて分かる。言葉では「合端を合わす」などと簡単なことをいうが、そんなこと並大抵ではないのだ。

画像


それぞれの石がもっている表情を変えぬ程度に石の周りを叩いて、周囲の石に馴染ませながら積んでいった。思ったよりもの凄く手間が掛かる。
ひとつふたつ載せたところで、石の表情が違うと容赦なく替える。
そんなことの繰り返しだった。
「思ったことを何でもいいから、直接いってほしい」、石工がいった。
「その方が良いんだ」、と。
それが3段目ぐらいからか、仕事が早くなった。
まさに思ったような石組みが現れだした。

井戸の周りは高さ80センチぐらいだが、積むのに一週間かかった。
次の週から応援が来て、田淵組は5人になっていた。

画像
                                 (田淵組 石工衆)

五十鈴茶屋棟の階段に沿った石組みはまた半端ではない。切石が重なる段石に合わせて組み上げていく大仕事だ。
もうこの頃になれば、互いに何もいわずに判る。
気持ちよく挨拶が交わせるようになっていた。

画像


「こんなに掛かるとは思ってもいなかったよ」
しみじみ田淵さんが語った。
これらの石組みだけでもひと月半、中庭の敷石と合わせて3ヶ月ほどは掛かったのではないだろうか。その間、週末以外は泊まり込んでの仕事だった。
大工の頭脳にも感心することしきりだが、この石工の感性は敬服に値する。
その姿は図面で書けるものでも、言葉で伝えられるものでもない。
まさに彼ら石工の手が、その感覚を呼んで組み上げたものだと思う。
思うような石組みが出来た。

「凄い仕事でしたわ」、仕事を終えた満面の笑みが印象に残っている。

   (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

くろさか
2007年06月11日 11:03
ドラマを見せていただきました。作り話ではないですからノンフィクションドラマですね。感動です。自然石ですから一つ一つ似ている様で違う顔を持ち、それぞれまた違う性格を持つ、それを慣らしていくのですからやはり凄いものですね。
石は硬いものですが何とも柔らかい表情を持ち、強く強靭なようで、脆弱なところもあったりで建築材料の中でも面白いモノと思います。本ブログ中の「和」にも溶け込むし、かたやヨーロッパの石造りの街並みにも欠かせないもので、そういえばエジプトのピラミッドもそうですよね。石と建築と人間の関係は深く永く、私自身もっと見つめるべき物と改めて考えさせられました。
写真の石工さん、皆様良い顔なさってますね。
建築をやっていて面白いのが、職人って道具を持っていなくてもお顔や姿でその職方が何となく分かるんですよね。オーラでもないですけど体から滲みでてると言いますか、そういう方々と一服の時間に話をするのがまた面白く、色々な事を勉強させられますよね。昨今、造り手の顔が見える建物は本当に少なく本来大事にするべき一つであるとしみじみと感じます。
かりの
2007年06月16日 00:09
私も読んでいてゾクゾクしました。
『主張しない石組み』を主張することは難しいことだったと思います。
かねてより前田さんから石組の難しさは聞かされてはいましたが、こうしてひとつの過程として読ませてもらうと、建造物のひとつとしての石の大切さがよく分かります。石を組むことの拘りは、石庭や茶庭などを見ても日本独自の美しさがありますよね。自然に対する日本人の細やかな感性の現われだと思います。日本人として大切にしたいところです。
石工衆の写真は、私も好きです。
仕事環境の良さが如実に出ている一枚だと思います。

この記事へのトラックバック