理想を形に

「う~~~ん」

どうも奥様の雲行きが怪しいのです。
今日は、色決めで集まった打ち合わせなのですが、トイレと洗面で止まってしまいました。
どちらもバスコート(坪庭)に面していますが、設計の高さの窓ではトイレが隣家から丸見えなのです。
窓を通常のように型ガラスにすれば問題はないのですが、それでは折角の中庭の緑が台無しです。

実は、「トイレへのこだわり」が奥様にはあったのです。

居住性を求められていらっしゃるのだと思いますが、
よそのお宅に行ってトイレが素敵だと、なんだかそこの奥様の株も上がるような気が私はします。
普通のガサガサなトイレットペーパーより、バラの模様の入っているものなんかが使われていたりするだけでも、「トイレットペーパーなのに・・・・・ハイソだな」という、あの感覚です。

山口さんの奥様は、まずは「アンティークの照明」でした。
しかも、「素朴なもの」というのが設計の頃からのご希望でした。
しかし、すぐには見つかりません。

「手洗器は陶器のものを1・2階ともつけたい」
これも、ご家族で信楽まで行って探してこられた一品をつけることにしました。
最初から和風を強調されてたのです。

それから洗面でこだわったのが、洗面ボールの大きさです。
奥様の希望は、730×530というもの。
今の仮住まいの洗面化粧台の寸法なのだそうですが、「これ、使い勝手がいいわっ」と。
また、脇に椅子が収納でき、身だしなみも整えるように、とのご希望です。

最初からそれとなく奥様は言ってらっしゃいました。
聞き漏らしていたわけではありませんが、いよいよ焦点が定まってきたのでしょう。
色決めを脇に置いて、みんなでプランをいじりだしました。
その日はなんとか打開策を出して別れましたが、次の日、ご主人から

「妻が納得していない」と、聞かされました。

打ち合わせの後、山口さんと呑んで別れたのですが、奥様は夜遅くまで図面を広げ、ご主人の帰りを待っていたというのです。

そこで書いたのがこの図面です。

画像


幸いトイレは幅が4.5尺とってあったので、向きを横にしました。そうすることで窓を低い位置に設けられ、透明ガラスでも覗かれることなく坪庭の緑が目に入ります。
脇のカウンターに陶器の手洗を仕込み、前を鏡の扉として収納もとれるようにしました。

画像


洗面は脱衣スペースと完全に分けることで効率的なスペースを確保するという奥様の希望を取り入れました。(というよりも、この近辺のスペースは全部奥様の希望通りなのですが)
この大きさの洗面器はさすがになく、洗面化粧台の器具を外して取りつけてもらうことにしました。

画像


非常にこだわっております(笑)

早速ご主人から、「妻がとっても喜んでいました」と・・・・・
私も胸を撫で下ろしました。

しかし、このようなことはそう大したことではありません。
自分の家を作るのですから当たり前なことなんです。
昨今の住宅メーカーでは、工事に掛かったら引き渡しまで「現場を覗いてもらっては困る」と、契約に記載されているような話も聞きます。    

とんでもない話です。

誰が建てるのですか?
誰が住むのですか?
誰が経費を払うのですか?

迷いながらも自分の理想の住まいを、関わるみんなの力で作り上げていく。
それが家を作るということであり、
迷う中から初めて、理想の形が生まれるのかも知れません。
私にとってはその醍醐味を楽しむ仕事だと思っています。

(かりの)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年05月17日 16:34
お邪魔いたします。
妹尾河童さんの著作の中に「トイレまんだら」という本がございまして著名人のご自宅のトイレを紹介しているのですが、トイレと一口に言っても各人各様の思い入れがあり、とても面白く読ませていただいた事を思いだしました。トイレやお風呂はまさにパーソナルな空間で建築空間の中でも特異な空間ですものね。脱衣室などの収納棚にしても同じ位置にあっても90度向きを変えるだけでとても使い勝手が良くなったり・・・建築屋として経験則で話を進めても水廻りだけは十人十色、いつも勉強させて頂いております。山口様のトイレも洗面もとても良い具合にレイアウトされたなと思います。(窓の具合や収納棚の配置が良いですね)参考になります。
ちなみに河童さんの本は字もパースも見事な手書き、必見です。
かりの
2007年05月18日 10:18
いつもコメントをお寄せ下さりありがとうございます。今回のことで、トイレもお風呂も一見住居の狭間にあるようで、実は高い居住性を求められる空間なのだということがよく分かりました。
妹尾河童さんの著作で、私は『河童が覗いたインド』を学生時代に読んで(見て?)、その精密かつ暖かい絵に魅了されました。インドに行くなら観光本よりコレだと思いながら、まだインドには行ったことがありません・・・・
『トイレまんだら』今度探してみます。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック