「取り合わせ」

S邸、材料選定の続きである。
広間の床柱を”杉磨絞り丸太”とした。
設計で取り合わせたことだが、材料選定の初日、ひと目見て決めた。
少し派手な印象を受ける丸太だが、そこは天然物。 柔らかな落ち着きがある。
絞り丸太は面つけが難しい。しかもそこに床框が取り付くので、絞りの具合を見ながら慎重に場所と高さを決めてゆく。
恐らく宮本さん自慢の1本だったのだろう。
絞りに床框をひかりつける大変さも話したが、それでもこの柱に決めた。

画像


この柱を中心に取り合わせを決めてゆく。
床框は地元、星野で伐れる磨き丸太を使うことにした。施主も同道し1日掛けて探しに出掛け、加工場に帰るやいなや框の木取りに向かう。
広間・小間ともに磨き丸太の入節としたが、広間は絞り丸太との出会いを考えて少しおとなしいものを、小間は景色を重視して選んだ。

小間の床柱は赤松皮付丸太。
思うものがなく、替えて貰った3本目でようやく落ち着いたが、気持ちを察してくれたのだろう。「もう1本見て欲しい」と、宮本さんが再度捜された逸材を見るなり、ひと目で気に入った。
相手柱には”あて”を添えた。かなり暴れたものが入ったが、床柱との取り合わせを見ながら、節を落とし、なだめながら見どころを探って墨を打った。
店小上がりの床は、茶室と被らないように軽くする。施主は使ったことがない取り合わせに最初こそ疑問を投げていたが、最後は得心されたようだ。

これらの材料、まさに今回の仕事での出会いである。
品行方正、申し分ない材料ならお金を出せば手に入る。あまたの材から選ぶのなら、好き勝手がいえる。
が、この出会いの中でひとつの材の見どころを探し、目をもって活かすことができれば、これほど嬉しいことはない。お互いの人と人との出会いが木の出会いを誘い、それを見立てることで初めて自分の木になってゆく。これこそ出会いの産物以外の何者でもない。

画像


その上で個の材としての主張を抑え、全体の調べを合わせることで互いを補い、より高い次元で結ぶことで空間を高めてゆく。まさにこれが「取り合わせ」の妙だろう。
木を見る奥に自然を見、さらにその向こうに景色を思い描く。
これも自然と肌を合わせて暮らしてきた、日本人ならではの感覚なのだろうと思う。
「真剣勝負に鳥肌が立ちました」、S君の感想である。

 (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年05月11日 15:34
いつもながらにお邪魔いたします。
記事文面、写真から鬼気迫る迫力を感じます。まさに真剣勝負、おのが積み上げてきたものを素材のその先に見る事の深さ、そのエネルギー。圧巻です。私の身近に小間と広間があるのですが7年前の完成当時は「中々に良いな」と思っておりましたが、今見ますと恥ずかしくて造り直したい衝動に駆られます。数寄屋というのは一朝一夕にはならず、古典に学び一つずつ歩を進めながら会得していくものとしみじみ感じております。伊勢~福岡とその距離に費やすエネルギーにも敬服いたします、でもどちらもおいしい食べ物とお酒がある処ですね(笑)
前田
2007年05月20日 17:19
くろさん、いつも有り難うございます。
お察しの通り、幾たびに晩は一献やっております。仕事をする上でみんなの気持ちをひとつにするため、欠かせないことですね。建築の話をしながら盛り上がるたびに、店には迷惑を掛け、伊勢では危うく出入り禁止になりそうです(笑)。
そちらでもいつも盛り上がったのを覚えています。そう話しながら自分の肥やしになるんです。もちろん私の。

この記事へのトラックバック