材料の「見立て」

S邸。契約が整うとすぐに材料調達に入る。山口邸と違って数寄屋ともなると集める材料も細かい。宮本さんが慎重に集めてくれた。
地元の材料を中心に集めて貰って構わない、と事前に伝えていたが、木目がどうしても粗くなるとの理由から、宮本さんの判断で吉野杉を揃えていただいた。

材料と対面する日、いつも緊張する。身構える、といってもいい。
きれいに掃かれた加工場に、部材別に使う材料を一同に揃えて迎えてくれた。
造作材は吉野の良材、産地を同じくすることで赤味の色を揃え、柾目も中杢にしても目の混んだ赤杉の美材が揃った。
いつも控えめな宮本さんの顔も紅潮している。

茶室周りの主な柱は”杉磨面皮丸太”。つけられた面の杢目を見ながら、それぞれの場所を特定していく。比較的杢目の詰まった材料が集まった。
それまで順調に見てきたが、床柱などの役木で止まった。
決して材料が悪いわけではないのだが、気持ちを躊躇させた。
丸太を寝かせ、何度も回しながら懸命に見どころを探った。

画像


今から思い返しても、予算に比してこれだけの材料を用意してくれたのは、宮本さんの熱い思いに他ならないと思う。決して贅沢をいうのではない。
しかし、あの場に居合わせたみんなの気持ちにも妥協はなかったと思う。
そう思うと、やはり床柱のもつ役割は大きいのだろう。
かつて茶匠は自ら床柱を選び、使う部分の見付けに墨を打って大工に渡したという。
改めて柱を見れば、ひとつの節や皮目にも景色が伺え、花入れが掛かる部分の状態や、框との出会い具合、相手柱との取り合わせなど、様々な姿が重なって見える。
1本の木の中から、この場所で生かす部分を探して、取り出すのだ。

結局、再度取り寄せて貰うことになったが、まさにそういった材料を見出す「見立て」の行為が材料選定の白眉といっていい。
九州も丸太の産地である。地元の材料でも探して貰うよう伝え、初日を終えた。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年05月08日 13:16
いつもながら失礼いたします。
木というものは、やはり良いものですね。
製材された木材が積まれているのを見ただけでもワクワクするものですが、数奇屋の役物などはそれだけで高揚する心持ちになります。
 珠光紹鴎時代之書には「座敷の様子、異風になく、結構になく、さすがに手際よく、目にたたぬ様よし」とありますが奥が深いものですね。
数奇屋・・・風雅であるためには洗練を心がけねばならず技術や精神性など究極であるような気がします。「言うに言われぬしほらしきたたずまい」と呼ばれるような建築を目指し今日も仕事に励んでおります。もう一つ忘れられない言葉があります。前田先生との酒の席でしたが「愛される建物を創る」これも深い言葉です・・・自己満足ではいけないと自分に言い聞かせて。
前田
2007年05月27日 08:24
お返事が遅くなりまして申し訳ございません。
誠にしほらしき佇まい、そういえるように行きたいものと日々研鑽しておりますが、思うに任せません。器量不足の成せる業です。
酒の席ではまたまたおしゃべりになってしまい、失礼お許し下さい。でも、お互い良い建築を作りたいですね。自己満足でないものを・・・・・。

この記事へのトラックバック