色を決める

プランが決まれば、施主最大のハードルが色決めといってもいい。
外壁、屋根、アプローチ廻りの外部から、各部屋の床、壁、天井へと続く。
初めてのマイホーム、ともなれば自分のことなど客観的に見られるはずもない。
通常の家だと、クロスやフローリングのカタログの山から選ぶことになるのだが、メーカーも然る者で、どれを選んでも、そう大きく間違えるものはあらかじめ入っていない。
それでも自分のこととなると迷う。
それが我が家を作る、ということだと思う。

画像


山口さんのお宅ではクロスなどは一切使わなかった。
全て無垢の木と塗り壁である。
奥様の古民家好きに合わせ、こちらも着々と色決めの準備を整えた。

通常の家と違っているのは、木部の塗装だと思う。
私も伊勢のおはらい町界隈の仕事では、全て”色つけ”を行っている。柱、梁はもとより屋根の裏板、垂木、建具に至るまで、全てを塗る手法だ。
実はこの”色つけ”の技法は、古くから日本で行われていた。
京都などに残る古い町屋を想像してみて欲しい。黒光りした柱に、拭き込まれた床板。
あれはそもそも白木ではない。色つけがあらかじめしてあるのだ。
ベンガラに墨、柿渋といった天然素材を用いて、最初から木材に色を付けている。

画像


当時は造林の技術が発達していないため、特に杉などは赤白の源平や節なども沢山出たはずである。色を付けることは防腐的要素ももちろんだが、材としての見苦しさを抑える意味もあったのではないかと思う。
今でも町屋の再興や、古民家の修理などでは広く行われているが、一般の住宅ではそのようなことはせずに白木がほとんどである。
明治以降、本格的な造林の技術が発達し、美材良材が安易に手に入るようになった結果だと思う。逆に今では節があったり曲がった材料などは、市場に出回らなくなった。
木材も商品になったのである。

山口さんのところは予算的な意味もあったが、大いに節がある材料を良しとした。
決して美材ではないかも知れないが、木目の通った立派な木である。
色つけを施すことによって、建築材として整え、空間に馴染ませていこうと思っている。

  (前田)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くろさか
2007年04月26日 19:41
いつも楽しみに拝見しております。
自然な色、自然の素材で囲まれた空間、素敵で落ち着いた空間になるのでしょうね。
「節がある。」木は枝葉があって成長する植物。集成材のように工場育ちではなく、本来あるべくしてあるもの。適材適所の木架構は美しいものと想像します。山口様のお子様方はそれを見て成長するのですから大らかな人間になるのでしょうね。
かりの
2007年04月29日 08:17
いつもありがとうございます。本日28日に公開させていただいたブログで紹介しております住宅はくろさかさんに建てていただいたものです。室内に柿渋を塗ってあります。私は一般住宅で柿渋を塗られたものをそのとき初めて見たのですが、なんとも洋間にもしっくりと合う、落ち着いた色味で感動した覚えがあります。自然色というのは身近な色であり、人間が感覚的に捉えやすい色なのではないかと思います。そして、落ち着いた空間というのは、それだけで豊かな情操が育まれるものなのではないでしょうか。

この記事へのトラックバック