すごいキッチンだわっ

今回は工程報告ではなく、再び山口邸の詳細部分決定の経緯をお知らせします。

平成19年1月某日

この日、山口夫妻とキッチンショールームへ同行しました。
キッチンといえば女性の城、なわけです。
その人、その人でこだわりがある大事な場所。
・・・ということは、それだけになかなか”決めがたいこと”でもあるわけです。

奥さま、例に漏れず、キッチンが決まりません。

何度か打ち合わせのなかで議題に出るものの、具体的な形での結論が出ません・・・・。
「それでは実際に見ながら決めていきましょう!」と、ご一緒することにしました。

画像


朝一番、キッチンショールームに到着。
奥さま、最初は女性のコーディネーターとどう話を進めていいのか戸惑うご様子も、次第に自分のペースを掴み、15分を過ぎた頃からはご自分の世界へ・・・・・。
時々同席の私どもに話を振るも、それはもう同意への促し、
といった感じで、自ら信じる道へまっしぐらです。

コーディネーターの方によると、すでに何度かご夫妻でいらっしゃっているご様子。

・・・・・奥さま、相手がお顔を覚えるほど来てらっしゃったんですねぇ・・・・・

話が進むにつれ、当初よりかなりスペース的にも予算的にもオーバーすることが予想されます。話の合間、合間にご主人の溜息が洩れ聞こえるんです。
それでも奥さま、時々ご主人への確認とばかりに顔色を伺う様子も見えるのですが、

 『ここは女の城。口出しは野暮、どうぞお好きなように・・・・』 とご主人、
乾いた笑顔と宙をさまよう目で、だんまりを押し通していらっしゃいました。

さて、コーディネーターとのやりとりを聞いておりますと、

    オプションでこれも付けますとさらに使い勝手が・・・・
    あぁ、これは今回新発売の・・・・

などと言われれば、誰だって古いものは注文しませんよね?
それにグレードの高いものと低いものが並んでいれば、否応なしに高いものに目がいくのは
当たり前です。
それが相手の手だと承知していも、まんまとその手に乗ってしまうのが悲しいところ・・・・です。

    ここの引き出しはこれで良いでしょうか、奥さま?
    お鍋はここに仕舞うとスッキリされますよね?
    一升瓶は、ほら、こんなふうに仕舞える棚がついているんですよ。

果てしなくやりとりは続きます。

・・・・そして2時間後。やっと奥さまの希望する形が見えてきました・・・・・。
その場で前田さんがイメージラフを書いて了承。
ご主人の目がホッとしているのが手に取るように分かります。
そしてショールームを出る間際の奥さまのさりげないひと言。

「すごいキッチンだわっ!」 (そうでしょうとも)

画像

               (↑すごいキッチンです)

最後にひとり、微笑まれていた姿は忘れられません。
こうして女性の城は亭主を余所に作られていくんですね。

(かりの)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

マッチャンです
2007年03月01日 18:08
 ついに出ました 女性の聖域
決して踏み込めない・・・
ご主人はうなづきと金の心配しかできない

でもどこの家でもそうだと思います
これが家庭円満の○○ですね
これでいいんだ。

かりの
2007年03月05日 00:06
マッチャンさんの達観したコメントが全てを物語っているようです。
私もあえて何も言いません。
マッチャンさんのご家庭も円満なんですね。
それでいいのです、はい。

この記事へのトラックバック