前田伸治 + 暮らし十職

アクセスカウンタ

zoom RSS 伊勢の町家「伊賀くみひも平井」<竣工3>

<<   作成日時 : 2017/11/26 12:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ひと月間続いた出張も先日終わり、この数日は机を前にしている。
気づけばすでに11月も終盤で、庭のハナミズキも葉が落ち、早や師走の足音が聞こえる候となった。
伊賀くみひもの続きを。

画像

                <正面から外観を望む>

道路から向かって左は、おかげ横丁が出すジャムの店となる。町家の形態でいうと、隣の五十鈴塾を見てもらえばわかるように、ここは蔵になるところ。そこをジャムの店にということで、擬洋風の洋館とした。
外観は、下屋の軒を通して町並みに貢献し、2階は吹抜として方形の屋根を載せる。頂部は地域名産の蓮台寺柿を象り、台座には四季の果実を取り合わせて彫ってもらった。これも三州の鬼師、梶川亮治の手による。
外壁は伊勢に古くからある、いわこ壁に倣い、軒上行灯をつけてささやかな看板としている。

画像

              <ジャム店 吹抜内部を望む>

内部はくみひも屋と一転、洋館の展開として八角の平面を吹き抜き、西の出窓からの明かりが注ぐ。吹抜の壁面には、やはり果実をかたどったレリーフを掲げ、床はテラコッタとした。
ここは手作りのジャムを販売する傍ら、ドリンクサービスもしている。中庭を望む一角にテーブルを置いて、町家の雰囲気を味わいながら楽しむことができる。
小さな店だが、居心地良い空間を求めた。

画像

            <ジャム店 内部から中庭を望む>

2階も座敷にしているが、現在のところ使い道は決まっていない。
東側は五十鈴川の対岸に広がる山々を眺め、西側は神路山を望む。小高い山々に囲まれた宇治という場所柄を改めて感じる。
入り組んだ町家の平面だが、こうしてみる瓦屋根の美しさは格別である。
いつまでもこの町に、甍の波が絶えぬようにと願うばかりである。

  (前田)

画像

             <2階東側座敷より景色を望む>

画像

             <2階西側座敷より景色を望む>

設計監理   前田 伸治
         暮らし十職 一級建築士事務所

施 工     高山建設株式会社

家 具     ヤマコー株式会社  村山千利

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
伊勢の町家「伊賀くみひも平井」<竣工3> 前田伸治 + 暮らし十職/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる